【自己分析】理系は文系より天才?

自己分析
こんにちは
くりりなです


ビジネスを始めてから、
自己分析だったり、自分と向き合う事がめちゃめちゃ増えたのですが、
自分の強いところも弱いところも素直に受け取れるようになって、
自分の事を知るのが最近楽しいなって思います♪


自分の事をどんどん深掘りしていくと
過去の出来事だったり思い出を振り返った時に

ああ、だからあの時こうだったのか!
こう感じたのか!

というように、
点と点が線で繋がっていく感覚を最近感じる事が増えてきてそれが楽しくて(^^)


今日はそのうちの一つについて語りたいと思います。



突然ですが、、


文系と理系は
どっちが天才だとおもいますか?


私は学生時代理系だったのですが、
なぜか仲の良い友達は文系が多くてそこで良く言われてたのが、


「理系選択するなんて天才だね!」


「数学がどうしたら出来るようになるかが分からない!」


「頭良いから出来るんだよね!」


「数Ⅲとか物理やれるって人間じゃない!(←!?)」


などなど、言われ続けてきました。




世間的に見ても、文系より理系の方が
頭良い、天才ってイメージが強いのかなって感じます。




でもね、私から言わせてみれば、


「文系こそ天才だね!」


「暗記科目がどうしたら出来るようになるかが分からない!」


「頭良いから出来るんだよね!」


「暗号ひたすら覚えるとか堅苦しい長文を苦なく読めるって人間じゃない!」


なんですよね(笑)いやほんとに。




私が理系を選択した理由って、


暗記科目が出来なさすぎる
長文読解が苦痛過ぎる


とかなんです。




中学時代、文系科目の中でも日本史が
そりゃあもう絶望的に出来なさすぎて
なんと、2連続で赤点を取って職員室に呼び出された事がありました(笑)


さすがにこのままだとまずい、また怒られると次の試験の時は
とにかく日本史にひたすら注力して必死に時間かけて勉強しました。


そして試験を終え、

よし!手応えあるぞ!これなら平均点超える!

と自信満々だったのですが、
結果は平均点を僅かに超えず…


なんで?あれだけ勉強したのに??(TT)
みんななんでそんなに出来るの?

と打ち拉がれた苦い思い出……




でも同じタイミングで受けた数学の試験では
試験対策の勉強はその時全くと言っていい程やっておらず、
授業中の勉強と宿題の勉強のみで試験に挑む


さすがに試験勉強やらな過ぎたな〜って思ってたのですが、

結果は余裕の平均点超え



えっ?逆になんでこんなにみんな数学出来ないの??
って思ってました(笑)


今でも当時の心情は鮮明に覚えてますね。


本当に謎だなって思ってて(笑)




この後歴史が得意な友達に相談したのですが、
その時の会話が


私「あのさ、どうしたら暗記科目って出来るようになるの?」


友人「えっ?だって覚えるだけじゃん!」


私「いやいや、この覚えるだけが出来ないんだよ〜〜!」


友人「逆に聞くけど、どうしたら数学って出来るようになるの?」


私「えっ?だって覚える事は少ないよ。
公式さえ覚えればあとはそこに数字を入れて計算するだけじゃん!」


友人「…………分かった、天才だから解けるんだね」


私「……………?」


結局何も解決しないまま会話が終了(笑)




当時は、なんでみんなが出来て私に出来ないのか
逆に私が出来てなんでみんなが出来ないのか
というのが、分からなかったんですね。


『みんなが出来るのに私は出来ない、なんてダメなんだ』


『私が出来るんだから、みんなだって出来るでしょ』


こういう考えを持ってたなって思います。




ビジネスの作業をしていて、これらの思い出がふと蘇ったので語ってきましたが、
最近特に強く思う事は、


『出来て当然ということはない』


『自分の当たり前が他人にとっての当たり前じゃない』


という事。


これが理解出来るようになってからは
会社員の仕事でも、

なんでこんなのが出来ないの?!
と他人にイライラしたり、

私はなんであの人みたいに出来ないのか
と落ち込んだり

ということがなくなって

私にはこれが出来るからサポートしていこう
と考え方が変わったり

これについてはあの人に頼ろう
と素直に思えたり

今まで感じていたストレスって余計だったんだなって
気付くようになりました。


ほんとに自分基準で周りを見ていてはいけないんだなと感じます。


理系って才能が必要だよねってよく言われました。


でも、


たくさんの単語や年号を暗記する


長文をサラッと読んで理解する


これも才能ですよね?


だから
他人が出来ていて自分に足りないところに目が行きがちだけど、

『自分が当たり前に何気なく出来ている事を素直に受け入れる』


これが大事なんだなと感じます。




自分が当たり前に出来てる事って本当に当たり前なのかな?


この当たり前にできていることって、自分の強みとか得意分野にならないかな?


最近これをすごく考えるようになりました!


そしてこれを追求し続けてきた結果、


あれ?もしかして、私この分野で仕事していけるんじゃない?


と気付くようになって
それからはどんどんアイディアが湧き出てワクワクが止まらなくなりました!


それ自分のサービス作りに思いっきり活かせるんですよね!
そしてこれに気付き始めてから売上がどんどん上がるようになりました!

 『自分が当たり前に何気なく出来ている事に目を向けてみる』 

これこそが売上UPのコツなんです★


「実績0の初心者がたった7日間で自分の商品を売れるようになるまで」無料で公開中

 

メルマガ読者の方からこのような嬉しい感想を続々といただいています!!

***************************

***************************

***************************

***************************

人に誇れるスキルがない
資格も持ってない

過去に大きな成功体験をしたことがない

自分には何も取り柄がないと思っていた
ド平凡なアラサー事務OLだった私。

おまけにモノを売った経験すらないのに
何が出来るんだろう

ビジネスでどうすれば成果が出るんだろう

と悩んでいた私が、

自分のサービスを1週間で10個も作って
提供開始後わずか7日間で初収益ゲット!

しかも毎月売上を伸ばし続けています。

そんな私が実践してきたこと、
大事にしている価値観について、

ビジネスを始めたばかりの自分のように
悩んでいる人に届けたくて
無料メールマガジンで発信しています!

今だけメルマガ登録のお礼に無料特典をお送りしております。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました